× 閉じる
もっと見る

関連書籍

一汁一菜でよいという提案

土井 善晴 著

料理研究家・土井善晴が、日本古来の「一汁一菜」を通して現代日本の食文化の見直しを提言する一冊。一汁一菜(ご飯+具沢山の味噌汁)の具体的な実践法を紹介しつつ、家庭料理の役割や食文化の変遷、自分で料理することの大切さなどを説いていきます。

発売日:2016年10月刊行
仕様:A5 並製 総192頁
定価:本体1,500円(税別)
ISBN:978-4-7661-2954-0
分類コード:C2077

ご購入はこちら