× 閉じる
もっと見る

関連書籍

ミニマル・パッケージ・デザイン

Chris Huang 序文/和田 侑子 翻訳

篠原榮太のテレビタイトル・デザイン

篠原 榮太 著

アーケードゲーム・タイポグラフィ

大曲 都市 著

新装版 書体デザイン

桑山 弥三郎 著

製本大全

フランツィスカ・モーロック、ミリアム・ヴァスツェレフスキー 著

マッチ・ラベル1950s-70sグラフィックス

たるみ燐寸博物館 小野 隆弘 著

細密装飾&文様の極み モダンデコラティブ・デザイン

センドポインツ・パブリッシング 編

混沌をデザインする カオス・グラフィックス

センドポインツ・パブリッシング 編

TYPOGRAPHY13

タイポグラフィ編集部 編

アジアンタイポグラフィデザイン

サンドゥ・パブリッシング 編

名刺&小型カードのデザイン

センドポインツ・パブリッシング 編

ロゴでブランディング

センドポインツ・パブリッシング 編

ハンド・レタリングの教科書

マルティナ・フロー 著

TYPOGRAPHY12

タイポグラフィ編集部 編

定番フォント ガイドブック

タイポグラフィ編集部 編

アジアンタイポグラフィ&ロゴ NEXT

ヴィクショナリー 編

シャドウ・タイプ

スティーヴン・ヘラー/ルイーズ・フィリ 著

痛快!亜細亜の文字デザイン

ヴィクショナリー 編

新装版 古代文字

日向 数夫 著

欧文タイポグラフィの基本

サイラス・ハイスミス著/ 小林 章 監修

ぼくのつくった書体の話

活字と写植、そして小塚書体のデザイン

小塚 昌彦 著

日本の活字・書体デザインの礎を築き、毎日新聞書体、新ゴ、小塚明朝・ゴシックなど誰もが目にしたことのあるであろう書体をつくってきたタイプデザインディレクターの初めての著書。
日本人の多くが目にしているであろう、数々の書体をつくってきたタイプデザインディレクター 小塚昌彦。18歳で毎日新聞に入社して金属活字の鋳造やデザインを手がけ、以降、開発してきた写植書体やデジタルフォントには、どんなデザインコンセプトが込められていたのか。
書体デザインの知識や歴史にもふれながら、66年にわたり第一線で活躍し続けてきた著者だからこそ語れる実践的な話と、タイポグラフィへの思いを、豊富な写真・図版とともにまとめています。

発売日:2013年12月刊行
仕様:A5 並製 総272頁
定価:本体2,500円(税別)
ISBN:978-4-7661-2562-7
分類コード:C3070

ご購入はこちら