× 閉じる
もっと見る

関連書籍

アーケードゲーム・タイポグラフィ

大曲 都市 著

新装版 書体デザイン

桑山 弥三郎 著

製本大全

フランツィスカ・モーロック、ミリアム・ヴァスツェレフスキー 著

マッチ・ラベル1950s-70sグラフィックス

たるみ燐寸博物館 小野 隆弘 著

細密装飾&文様の極み モダンデコラティブ・デザイン

センドポインツ・パブリッシング 編

混沌をデザインする カオス・グラフィックス

センドポインツ・パブリッシング 編

TYPOGRAPHY13

タイポグラフィ編集部 編

アジアンタイポグラフィデザイン

サンドゥ・パブリッシング 編

名刺&小型カードのデザイン

センドポインツ・パブリッシング 編

ロゴでブランディング

センドポインツ・パブリッシング 編

ハンド・レタリングの教科書

マルティナ・フロー 著

TYPOGRAPHY12

タイポグラフィ編集部 編

定番フォント ガイドブック

タイポグラフィ編集部 編

アジアンタイポグラフィ&ロゴ NEXT

ヴィクショナリー 編

シャドウ・タイプ

スティーヴン・ヘラー/ルイーズ・フィリ 著

痛快!亜細亜の文字デザイン

ヴィクショナリー 編

新装版 古代文字

日向 数夫 著

欧文タイポグラフィの基本

サイラス・ハイスミス著/ 小林 章 監修

ぼくのつくった書体の話

小塚 昌彦 著

世界の美しい欧文活字見本帳

嘉瑞工房 著

まちモジ

日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?

小林 章 著

ブランドのロゴの秘密を書体デザインの視点から解き明かした書籍『フォントのふしぎ』の第二弾は、世界の街角の文字『まちモジ』。タイプディレクター/書体デザイナーの小林章さんが世界の街角で撮影した標識や看板の文字について語ります。
今回は日本の標識や看板だけなぜ丸っこい文字(丸ゴシック)が多く使われているのかに着目し、外国の標識を調べたり、看板職人に取材したりしながら、その秘密に迫ります。そこには日本だけで丸ゴシックが進化してきた驚きの事実が。
そのほか、ヨーロッパ、北南米、アジアで集めた街中の文字やマクドナルドやルフトハンザ航空で使われているフォントなど、身の回りの文字を観察し、17か国で撮影した350点の写真で紹介。
書体デザインの第一人者による文字観察本の決定版です。

発売日:2013年11月刊行
仕様:A5 並製 総208頁
定価:本体2,000円(税別)
ISBN:978-4-7661-2544-3
分類コード:C3070

ご購入はこちら