『THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界』予約開始のおしらせ 

ディズニー作品に関する著書などで知られるアニメーション評論家 チャールズ・ソロモンによる細田守監督の作品集『THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM』(出版社:Abrams)の翻訳版、書籍『THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界』を、2022年7月に発売いたします。

9784766136333.IN01

▶▶▶Amazon予約ページ

▶▶▶書店様向けチラシ&注文書

『時をかける少女』(2006)で海外の映画祭でも高く評価され、最新作『竜とそばかすの姫』(2021)では第74回カンヌ国際映画祭カンヌ・プルミエール部門に選出されるなど、国際的に活躍する映画監督・細田守。

HM_P174-217_JP.indd

HM_P052-101_JP.indd

本書では、映像美で魅了するファンタジックな世界観ながら、心を打つ現実社会を描くその作品世界の真髄に迫ります。国際的アニメーション評論家 チャールズ・ソロモンは、細田守を世界のどこに位置づけるのか。世界のアニメーション史に、細田守とその作品群、制作拠点であるスタジオ地図とは何ものなのかを、初めて体系づける内容となっています。